-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-08-20 15:31 | カテゴリ:お出かけ
8月15日、本日から3連休を利用して、震災地を巡ります
タイトルに「旅」と入れましたが、今回は旅行ではありません
どちらかというと「視察」に近いかと思いますが
でも、「視察」だとどうも上から目線っぽいのでやめました
しかしボキャの無い私には適当な言葉が見つからず、結局「巡る旅」となってしまいました
ネットでは「物見遊山に来るな!」、とのコメントも飛び交っておりますが
そう捉えられてしまっても仕方ありません
どうやっても我々には、当事者の本当の気持ちには辿り着けないからです
当事者にしか、当事者の本当の悲しみはわからないからです
でも、できることをさせてほしい。。。。

参考にさせていただいたのは、下記のHPです
東日本大震災 被災地10ヶ所めぐり
勝手にリンクさせていただいております
急遽決まった今回の巡る旅、ほぼ下調べをする時間もありませんでした
なので、これをドライブマップとして利用させていただきました
しかしこのレポートは、宮城から北上しながら巡っております
多々検討した結果、私は岩手から南下することにしました
とは言っても一気に岩手まで辿り着くのは難しかったので、下記のルートにしました
1日目 松島周辺を巡り、松島近隣に宿泊
2日目 岩手に移動し、南下しながら各地を巡る
     そして恐らく、気仙沼辺りでタイムオーバーかも?
3日目 午前中を目途に、南下をしつつ被害地域を巡る
     そして午後からは、一気に帰路につく
考えられたのは、この辺りまで
あとは文字通り、「行き当たりばっ旅」の強行軍です
だから宿は取ってません
最悪は車中泊を念頭に置いています


朝7:00、いよいよ自宅を出発します
さすがに15日ともなれば、下りに混雑はありませんでした
とはいえ道のりは450km!
さすがに気が遠くなります
ガソリン代が幾らかかるのか考えると、ちょっと怖くなってきました
かといって二人分の公共的乗り物での移動費+レンタカー代+燃料費を考えると
そんなに大きく変わらないかなと思い、自由度もあるマイカーで行くことにしました

本日の目的地は松島
以前仕事で松島に行ったことがあり、その時の情景が脳裏に焼き付いて離れませんでした
なのでいつかはプライベートで美しい松島に行きたいと、常々思い描いておりました
それに時間的にも松島辺りが妥当かと思われたので、初日は松島泊まりとしました

案の定松島に到着したのは、午後4時頃でした
島めぐり遊覧船で被害状況を見るのも良い、という情報を得ていたので
まずは遊覧船に乗ることにしました
まずは駐車しなければ!
がしかし、さすがにお盆休みは継続中
高速下りた辺りから、既に松島海岸まで渋滞です
駐車場が空いているか心配になりました

そうそう、今回の目的は被災地めぐりだけど
伏線で、極力被災地で消費をするということでした
給油、宿泊、食事、お土産、等々
まあ松島は立派な観光地なので、復興は時間の問題だけでしょう
その他の、マスコミにも注目されない地域が気がかりです

さて渋滞の手持無沙汰が手伝って、スマホで宿探しを始めました
そうしたらうまいことありました、素泊まり可能な民宿が!!
やはり日頃の行いか!?(笑)
海岸にも近いので、チェックインすれば他の駐車場を探す必要も無い
ということで即決予約をし、そのまま宿に向かいます
IMG_7520-w640.jpg

予約がネットで入った直後に到着してきたので、おかみさんはビックリしてました
しかしまあ素泊まりなので問題ありません
チェックインして、すぐに徒歩で海岸に向かいました
遊覧船が終わっちゃうまでに到着で来て、本当に良かった

遊覧船乗り場まで、10分程度海岸沿いを歩きました
260ある島々が消波ブロックの代わりとなって、波を多少打ち消したらしく
他に比べると、それほど大きな被災があったわけでは無かったそうです
それでもやはり抉られた形跡や、陸に打ち上げられた物を見ると
何もなかった訳じゃないと思い知らされます
IMG_7522-w640.jpg

IMG_7523-w640.jpg


乗り場についたら周りがやけに騒がしい
何やら今日は盆踊りがあり、しかも夜には花火大会もあるらしい!!
観光ではない!と自分に言い聞かせつつも、やはりお祭りはワクワクしますね
で、何はともあれ遊覧船に早速乗ります
大型船は本日最終でした
IMG_7524-w640.jpg

餌を貰えるとわかっているので、カモメが大群で寄ってきます
生憎の曇りだったので、折角の景色もどんよりしています
IMG_7536-w640.jpg
船の中で、餌としてのかっぱエビ煎が売っていました
こいつら毎日こればっかり食べて、メタボにならないのか?とちょっと心配になりました
まあ他人様の心配をしている余裕は、私にはありませんがね

鳥やスポーツ撮影はまだ勉強していなかったので、シャッタースピード合わせが今一でした
ちょっとボケボケですが、予めご了承ください

IMG_7551-w640.jpg

IMG_7552-w640.jpg

IMG_7553-w640.jpg

IMG_7554-w640.jpg

IMG_7555-w640.jpg

でもほんと、こいつらは凄かったです
船と同じまったく同じスピードで飛んで、ピタリと横付けしてきます
我々が餌を用意していると、貰えそうな人間を選ぶために人間の顔を交互に見比べてるのです
なかな数十センチの距離で、鳥と目と目を合わせられることは無いですよね
だからまじまじと見つめてしまいました
目がとてもかわいかったです!
また動体視力もものすごく、適当に放り投げたエサも見事にキャッチしていました
これは、毎日の訓練の賜物ですね

こんなちゃっかりさんも!
IMG_7596-w640.jpg

島々です
IMG_7686-w640.jpg

IMG_7682-w640.jpg

こういう家の方達は、どれほどの恐怖だったでしょうか
IMG_7679-w640.jpg

IMG_7672-w640.jpg

IMG_7655-w640.jpg

IMG_7650-w640.jpg

IMG_7692-w640.jpg

IMG_7694-w640.jpg

IMG_7698-w640.jpg

40~50分の周遊でした
今度はもっと青く晴れ渡った日に、もう一度来てみたいです

で、折角なので盆踊り祭りを堪能します
取り敢えず松島に来た証拠を!
IMG_7702-w640.jpg
って、撮影スポットにブルーシートを巻きつけるなよ!
これじゃあ、台無しだよ!
※写っているカップルは我々ではありません

さあ、気を取り直して地ビールと冷やしキュウリで乾杯
炭酸弱めだけど、スッキリしていて美味しかったです
IMG_7710-w640.jpg

IMG_7712-w640.jpg

やっぱ仕事じゃなく、お祭りに来れるってイイね!(笑)
いつもだったらスタッフ席で、操作してるからね
今日は堂々と酔っ払ってやる(笑)
IMG_7718-w640.jpg

IMG_7719-w640.jpg

地元の青年団が頑張っているのか?
ありがちの屋台ではなく、ちょっとしゃれています
それにしても射撃が大人気!何故??
IMG_7715-w640.jpg

あちこちでイベントをしているらしく、近くの神社(お寺?)ではコンサートも
参道には地元小学生が描いた灯篭が、幻想的に並べられていました
IMG_7723-w640.jpg

IMG_7729-w640.jpg

IMG_7752-w640.jpg

奥の方にも会場があり、こちらは地元民が多くとても落ち着いた雰囲気でした
IMG_7739-w640.jpg

風が涼しく、スーパードライも旨かった!
IMG_7738-w640.jpg

壁面にも演出がありました
でももしドクロの彫り物だったら、完全にインディージョーンズだね(笑)
IMG_7735-w640.jpg

まもなく花火大会の時間なので、海に向かいます
海では灯篭流しが始まっており、こちらも幻想的に揺らいでいました
IMG_7766-w640.jpg

そしていよいよ花火が打ちあがりました
手持ちでの撮影は、これが限界
やっぱり三脚持ってくれば良かったかな・・・
IMG_7768-w640.jpg

IMG_7770-w750.jpg

IMG_7781-w750.jpg

IMG_7793-w750.jpg

IMG_7796-w750.jpg

IMG_7799-w750.jpg

まもなくフィナーレの、狂い打ち
IMG_7826-w750.jpg

IMG_7830-w750.jpg

IMG_7862-w750.jpg

花火も打ちあがり、盆踊りも終了です
IMG_7904-w750.jpg

まさかこんなイベントを開催しているとは、まったく知りませんでした
今日は近くの居酒屋で食事をして、あとは寝るだけのつもりだったので
とっても、とってもラッキーでした
うちの奥さんはこういったのが大好きなので、終始テンション高め(笑)
明日からショッキングな光景を目にしなければならないので
今日は本当に良かった

ということで、初日はすっかり観光者になってしまいました
それでも目的通りに、被災地でだいぶ消費することができました
明日は早起きして出発です
記憶を風化させないためにも、しっかりと目に焼き付けなければ!と決意しました
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。